正社員未経験 就職

正社員経験が無くても就職するには?

正社員経験が無くても就職するには、何が必要なのでしょうか?


企業が中途採用の求人募集を掛ける際、やはり即戦力を求める傾向にあります。


表面上は「未経験可」の求人でも、実際に経験者と未経験者が面接に来た時に、採用されやすいのは経験者ですね。


しかし正社員求人は職歴とスキルだけで決まるものではありません


正社員採用を考えている会社は、最初からある程度希望の人物像を絞っていることが多いです。


「今回は30代で業界経験のある即戦力」


「今回は業界経験が無くても良いので、社内の雰囲気を乱さない人材」


といったように、求人を出す前から採用したい人物像を設定しているケースが大半なんですよね。


男性がいいのか、女性がいいのか、年齢は20代か30代か、それとも管理職として40代、50代に来てもらいたいのかなど。


そのため、最初から経験者重視の求人案件に関しては、フリーターが採用されるのは難しいですが、フリーターで未経験でも構わないと考えている求人については、正社員として採用される可能性があるわけです。


そのような求人案件に出合うには、やはり日頃から仕事探しを続けて、さらに毎回、履歴書・職務経歴書をしっかり用意し、志望動機や自己PRも寝る必要がありますね。


そうすれば正社員経験が無くても就職できる求人に出合う可能性は高くなりますよ。


正社員求人を出している業界は様々です

正社員求人を出している業界は実に様々です。たとえば…


オフィスワークや営業職、フード関連、販売、医療・介護・福祉、サービス業、配送・物流、エンジニア・プログラマー、アミューズメント、軽作業、講師・インストラクター、専門・技術職、法律職など、思い付くだけでも多々あります。


もしあなたがフリーターとしてバイトしている同じ業界で正社員を希望するなら、ある程度は職歴も評価されるのではないでしょうか。


基本的にアルバイト時代の仕事経験は評価されませんが、同じ業界であればアピールできると思います。フリーターでもコンビニで長く勤務していれば、正社員になるのは比較的簡単ですよね。


そのように同一業界でのアルバイト歴を生かす方法が一つ。そして業界に必要とされる資格試験に合格する方法もあります。


オフィスワーク(デスクワーク)ならエクセルやーワード、簿記検定や秘書検定、社会保険労務士の資格があれば有利に働くと思いますし、医療関係の事務ワークなら調剤薬局事務や医療事務の資格があると有利ですね。


また介護の仕事なら、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)があると未経験でも就職しやすいと思います。


私は行政書士と社会保険労務士資格で、無職の状態から税理士事務所に就職したことがありますが、法律関係の仕事を考えている場合も資格は役立ちますね。


税理士や公認会計士があれば就職しやすいですし、司法書士に合格すると、よほどのことが無い限り、どこかの事務所に採用されるようです(実際に資格スクールの職員に聞いたことがあります)


法律系資格は難易度が高いですが、フリーターをしながら時間がある場合はチャレンジしても良いのではないでしょうか。


しかし目的と手段が入れ替わっていけませんよ。あくまで資格合格は就職のための手段なので、まずは就職支援サービス・求人サイトに登録した上で、正社員の仕事探しを初めてみて下さい。


仕事探しを続けながら、なかななか正社員として採用されない場合に資格を目指すと良いですね。


 フリーターからの就職に活用したい、オススメ求人サイト