フリーター 卒業

フリーターを卒業したいと思う瞬間

フリーターを続けていると抜け出したいと思うことがありますよね。


30歳が近付いて焦りが芽生えたり、ふと人生を振り返って虚しくなったり、将来を考えて不安になったり…様々な瞬間にフリーターを抜け出したい、正社員になりたいと思うのではないでしょうか?


また、アーティストや芸人、小説家や漫画家を目指してフリーター生活に突入したものの、夢を追うことの難しさに疲れ果てることもあると思います。


10代後半〜20代前半の若い内は、まだ大丈夫なんですよね。将来に対して気楽に考えることが出来ます。夢を持ってフリーター生活を過ごしている場合、このまま頑張れば夢が叶う気持ちにもなります。


しかし、28歳、29歳、30歳と年齢を重ねる内に、色々なことを考えるものです。


特に30歳を目前に迎えて就職活動を始める方が多いようですよ。


他にも、結婚を機会にフリーターを辞めて正社員になりたい、安定した立場に就きたいと考えることもあるでしょう。


今は共働きの夫婦も多いですし、妻が働いて男性が主夫になることもありますが、それでもやはり、男が家庭を養うことの方が多いと思います。


そう考えたときに、いつまでもフリーター生活を続けるわけにはいかないんですよね。結婚すれば収入を増やさなくてはなりませんし、子供が産まれれば更にお金がかかります。


収入について考えた時にフリーターを辞めたくなる

お金(収入)について深く考えた時に、いつまでもフリーター生活を続けてはいけないと思う方も多いようです。


たとえば両親の入院でまとまったお金が必要になったり、介護の問題もありますよね。


兄弟が他にいなかったり、あなたが長男・長女の場合は、親の病気や介護についても真剣に考える必要があるでしょう。


実家が裕福だったり、親が老後を考えて貯金している場合は別ですが、必ずしもそのような状況ばかりではありません


フリーター生活を続けながら貯金を増やすのは、現実的になかなか難しい問題かなと思います。


アルバイトをかけ持ちしたり、深夜バイトを行っている場合は貯金・預金にお金を回せるかもしれませんが、それも年齢を重ねる内に難しくなることでしょう。


このままアルバイトで人生を終えたくない

私の弟も現在27歳でアルバイトをかけ持ちしていますが、いつも転職したい、正社員になりたいと言っています。


理由を聞くと、「このままアルバイトで人生を終えたくない」そうです。しかし現実的には、アルバイトで人生を終えることすら難しいんですよね。


30代、40代、さらに50代に突入した時に、アルバイトとして雇ってもらえるかどうかは分かりません。


同じアルバイトなら、20代の方が採用されやすいこともあるでしょうし、何よりフリーターは解雇された時の保証も薄いのです。


正社員として働く場合、ある程度は労働基準法で守られますし、雇用保険に関してもフリーターより恵まれていることもあります。


また正社員は社会保険に入れることが多いので、その面でもメリットは多いんですよね。


現在のフリーター生活から抜け出したい、将来を考えて正社員や契約社員を目指したいと思ったときは、まず転職求人サイトを利用すると良いでしょう。


今は未経験可の正社員求人もありますので、ぜひ積極的に仕事探しを行ってみて下さいね。


 フリーターからの就職に活用したい、オススメ求人サイト