30歳 就活

29歳と30歳の正社員就活の違い

アラサーという言葉があります。27歳以上33歳以下(30歳前後)を指す言葉ですね。


しかしアラサーでも、33歳と27歳では就活の難しさが異なります。30歳と31歳ではあまり違わないかもしれませんが、29歳と30歳では、印象が大きく異なりますね


やはり30歳という年齢は、就職・転職にとって大きいです。


私も企業で採用担当を行っていましたが、履歴書・職務経歴書を見て、年齢が30歳なら30代として扱いますし、29歳なら20代として審査を行います。そのくらい29歳と30歳では違いが大きいのではないでしょうか?


もちろん書類審査や面接基準は会社によって異なりますが、たとえば30歳男性の職歴がアルバイトのみだと印象は良くないですね。特に即戦力として考えている場合は、30歳は30代として扱われることでしょう。


中途採用と言っても、経歴が全てではありませんし、中には人柄重視、未経験可の求人募集もあります。また、アルバイト経験が評価される業界もありますし一概には言えません。


しかしフリーターから正社員就職を考えるなら、30歳になる前に求人探しを行う方が有利とは言えるでしょう。


入社後を考えても、20代として扱われる方が気が楽なんですよね。


特にIT業界のような年齢層が若い業界を目指す場合、社長や経営幹部が20代〜30代ということも多いです。それに合わせて社員も20代が多かったりしますし、そのような中で働くには若い方が有利ですね。


20代の内に履歴書を送る方が有利でしょう

企業は採用を考える時点で、男性が良いか女性が良いか、年齢は20代が良いか30代もOKか、職歴重視、人柄重視など、その辺りを決めてから求人をかけることが多いです。


そのため、20代未経験でも可能な求人に採用されるには、29歳の内に履歴書を送る方が良いでしょう


就職は年齢を重ねれば重ねるほど不利になります。正社員や準社員として職歴が長かったり、業界で必要とされる資格を取得している場合は別ですが、そうでなければ年齢に比例して正社員就職は難しくなりますので、今すぐ仕事探しを初めて下さいね。


「もう少しあとでもいいかな…」という気持ちがあると、なかなか行動することが出来ません。しかし時間は確実に過ぎていきますし、気づけば30歳、31歳、32歳となり、正社員就職が更に難しくなっていきますので、早めの行動を心がけると良いでしょう。


 フリーターからの就職に活用したい、オススメ求人サイト