就職活動
20代後半 フリーター正社員就職 > フリーター就職 > フリーター 転職が決まらない理由

フリーター 転職が決まらない理由


フリーター 転職

フリーター 転職が決まらない理由

フリーターからの転職、仕事探しがなかなか決まらなくて・・・

正社員経験のある方、大学卒業後既卒、フリーターといった方もいると思いますが、一旦ブランク期間が空いてしまうとなかなか転職などをするのが難しい状況になってしまいます。

フリーターから早く脱出したい。
正社員として早く働きたい、転職してまたバリバリ働きたい。

色々な思いがあると思います。

フリーターから就職・転職がなかなか上手くいかない方には、共通点がいくつか見られると言います。

就職エージェントから聞いた話をまとめると、次のような求職者の方、フリーターの方などはなかなか就職・転職が決まらないようです。

自己分析が足りない

自己分析はとても大切です。

時折、あまり自己分析を重視されない方もいるのですが・・・就職・転職活動のスタート時に自己分析をしっかり行わないと、

「なぜ、その仕事に就きたいと思ったのか」

「志望動機」

を伝わるように説明出来ない事が多いようです。

なぜフリーターになったのか、といった事も必ず面接で出る質問ですが、これについても上手く答えられない可能性が高いです。

ネガティブ

私も時々、面接を担当する事がありますがブランク期間が長いフリーターの方は、ネガティブな発言が多い方もいます。

仕事探しは基本、ポジティブ発言です。

一緒にする事になる人が、ネガティブ発言が多いと嫌ですよね。
どんな仕事も失敗しそうな気がしてしまいます。

もし、不採用が続いていて「今回もダメかな・・・」と思っていたとしても、ポジティブに自分を持っていく努力をする事が必要です。

企業研究が出来ていない

面接では様々な質問がされます。

求職者が企業研究をどれくらいしているか、といった事を確認するための質問が出ることもあります。

当然、答えられないと「本当に入社したい訳ではないんだな・・・」と判断されてしまいます。

業務内容をしっかり把握する事はもちろん、現社長の名前については覚えておいた方が良い場合も多いです。

給料や残業、有給が使えるかどうかなど、待遇の方が気になる方も多いかもしれませんが、色々な情報を集めて企業研究をする事も大切です。

面接のマナーが出来ていない

社会人経験ありのフリーターの方は違うかも知れませんが、そもそものマナーが全く出来ていない方も時々います。

面接は第一印象が非常に大きいです。

最初に「不採用」と印象を固められては、その後どんなに頑張っても採用に結びつけるのは難しいです。

給与や待遇に関する質問が多い

給料や待遇が気になるのは分かります。
しかし面接時には、その事ばかりを質問してしまうと印象が悪いです。

求人を選び過ぎている

やりたい仕事がある方もいるかもしれませんが、その仕事だけにこだわっていると仕事が決まらない可能性が高いです。

中途採用は経験者のみ、といった募集も多いですからね。

未経験OKの正社員求人が出てくるのを待っていたら、いつまで経っても応募のチャンスが無い・・・といった可能性もあります。

今ある求人から選んで応募する、といった事もフリーター脱出にはとても大切です。

面接時に質問が無い

面接では最後には必ず、

何か質問がありますか?

と聞かれますし、面接中も何度か質問をする機会がある場合もあるでしょう。

この質問タイムはとても重要で、本気で就職を希望するのであれば質問が無いはずはありません。

面接官は、求職者の就職の本気度、企業研究の度合いを見ています。

「質問はありません」

というのは、そこまで御社の事を調べていないので特に質問はありません、と同じ印象を与える可能性が高いといえます。

質問は出来る限り、積極的にする事をオススメします。

フリーター期間が長いフリーターの就職活動

一旦フリーターになってしまうと、なかなかフリーターから脱出出来ない・・・といった状況になる方も多いです。

20代フリーターの就職率で30%を切る、という調査結果もあります。

30代になると当然ですが、さらに就職率で30%は下がります。

40代になるとさらに下がります。
20%あるかないかの就職率だったと記憶しています。

しかも職種に関しても、選べるほど求人がありませんから、多くの方が避けたいと考えるような仕事への就職を考えるしかない、といった状況になりやすいです。

フリーターから脱出、正社員就職や転職を目指すのであれば20代を逃してはいけません。

今、もしかすると20代後半、28歳、29歳と30代が見えてきている方も多いかもしれませんね。

30歳を超えると仕事探しが厳しくなりますから、焦りを感じている方も多いのではないでしょうか。

フリーター期間が長くなったり、出来るだけ早く正社員の仕事に就きたい、と考えた場合の就職活動として、

⇒ フリーターに特化!就職成功率の高いオススメ就職支援サイト

などの活用をオススメしています。

20代が求人の中心となりますが、30代前半でも応募可能な求人の場合もあります。

20代の間に正社員として仕事を決めたい方は、相談や情報収集に活用する事が出来ますので、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

情報は多い方が良いです。

自分で情報収集するよりも詳しい、企業の情報を得ることが出来ますよ。




キーワード