大学中退フリーターの就職活動
20代後半 フリーター正社員就職 > 大学中退 就職 > 大学中退 20代後半フリーター歴が長い人が正社員になる方法

大学中退 20代後半フリーター歴が長い人が正社員になる方法


大学中退 20代後半フリーター就職

大学中退 フリーター歴が長い人の就職活動

このままでは20代をフリーターで終わってしまうかも知れない・・・

30代になる前にフリーターを脱出したい。正社員になりたい

26歳、27歳、28歳、29歳。

あなたが何歳かは分からないのですが、20代後半となるとそれまで気にならなかったことも色々と不安になってくる事もあるのではないでしょうか。

その一つが「就職」という方も多いのでは、と思います。

よく聞く正社員就職の年齢の壁
30歳になると、フリーターから正社員就職するのが難しくなる

正社員として働く友達と会うと、年収が100万以上違う事も多くなってきますし、入社して4年、5年ともなるとそろそろ役職が付き始める友人もいるでしょう。

フリーターの自分の将来の不安定さも気になってくる方も多いのではないでしょうか。

フリーターとして働いている限り、時給はほとんど変わりません。
時給が20円、30円アップするかもしれませんが、月収の金額は大して変わりませんよね。

20代後半。

このまま何もせず(就職活動をせず)にいたら、本当に就職出来ない30代フリーターになってしまう可能性があります。

「気楽だし、フリーターのままで大丈夫」

「フリーターでも十分生活出来てるし、良いよ」

といった事では将来本当に詰んでしまう事にもなりかねません。
40代、50代で非正規雇用の中年となってしまうと、もうどうにもならない状況になってしまう可能性が高いです。

過ぎた時間は戻りませんが、もしまだ20代後半という事であれば十分、正社員就職できる可能性があります。

記事の後半でもご紹介していますが、

⇒ フリーターに特化!就職成功率の高いオススメ就職支援サイト

を利用しての就職活動の方法が、20代後半であっても成功率の高い就活が出来ますので、オススメです。

20代後半 就職出来ない状況から抜け出すために

怖いのは、フリーター生活に慣れてしまい、就職活動をするために重い腰を上げられないことです。

なんやかやと理由をつけて「就職活動をスタートしない人」にならない事にまず注意が必要といえるでしょう。

まだ27歳だから28歳から就活をスタートしても間に合う

もっと自分がやりたい仕事が見つかってから、就職活動を始めたい

本気で正社員を目指して就活すればすぐに見つかるから、まだ大丈夫

男は30代から

最後の方はもはや謎な理由に近いのですが、実際にこう言って就活をしないフリーターの友人がいました。

やりたい仕事が見つかってから就活をしたい、という人もいましたが、その後数年経って会う機会がありましたが(33歳になっていました)、見事にやりたい仕事は見つかっておらず、コンビニでフリーターを続けていました・・・。

就職を先伸ばしするほど、正社員は遠くなる

就職するのが怖いのか、就職して正社員として働くのが面倒なのか、就職を先延ばしすることでリスクだけが増えてしまいます。

独立行政法人 労働政策研究・研修機構から、「正社員になれた割合・フリーター期間別」に関するデータが発表されています。

フリーター期間が、

6ヶ月以内  64.0%
7ヶ月~1年 58.3%
1年~2年  52.2%
2年~3年  58.9%
3年以上   48.9%

とされています。

ご覧の通り、フリーター期間が長くなるほど就職成功率は下がっていきます。
3年以上で5割を切りますが、20代後半、30歳前など長期に渡ってフリーター期間が続く場合、さらに就職成功率は下がるでしょう。

年齢が高い社会人未経験者を「あえて」採用したいという企業は、なかなかありません。

未経験者歓迎、学歴不問で募集を行っている企業も確かに多く見る事は出来ますが、同時に若い応募者がいた場合には、若い求職者を優先して選考するケースは非常に多いはずです。

まだ若いから、まだ27歳だから、と就職を先延ばしすることで就職できないリスクだけが増えていく事になります。

30代後半、40代になってもまだ、今のバイト先でずっと働けると考えるのは難しいのでは?

冷静に考えてみると、アルバイトも見つかりにくくなってくる事が分かります。
体力的にも辛いですよね。

40代になっても大学生バイトと一緒に夕方、深夜の居酒屋バイトとか辛いです。。

正社員就職を目指すのであれば、年齢が若い方が有利であることは間違いなく言えます。

1歳でも若い今のうちに、正社員になる事をお考えであれば就職活動をスタートされることをオススメします。

20代後半フリーターだからこそ、内定率の高い就活を始める事が大切

就職活動のはじめ方にしても、学歴不問・未経験歓迎の正社員求人に手当たり次第に応募をするのでは無く、少しでも内定率の高い就職活動をする必要があります。

⇒ フリーターに特化!就職成功率の高いオススメ就職支援サイト

20代 大学中退フリーターを採用する企業

20代であれば、まだまだ正社員就職のチャンスがあります。

フリーター歓迎、学歴不問での正社員求人は20代が中心です。

20代前半と比べると求人は少しずつ減っては来ますが、27歳、28歳前後であればまだまだ若手として正社員採用を考えてくれる企業はあります。

ぜひ求人を探して応募をしてみてください。

求人サイトで調べてみると、大手企業が親会社であったり、優良企業からの求人も見つけられることがあります。

正社員就職するのであれば、少しでも安定している企業へ就職を考えたいものですよね。

可能性としては低いのですが、中小企業に就職した場合、就職して数ヶ月で倒産といった事もあり得ます。

その場合、会社都合の退職にはなりますが、職歴として評価されるほど仕事をしていませんから、再就職先探しが難しいのです。

また一から、というかマイナスから再就職活動をするのは厳しいです。

最初の就職先選びは、しっかりと情報交換をする事が大切ですね。

長く安心して働ける、正社員として経験を積める会社を選びたいです。

その情報収集の方法としても、企業に直接取材に行って情報を得ている就職支援サービスが役立ちます。

30代フリーターの就職は厳しい・・・

30代に入ると、20代と比較して正社員として採用する企業は減ります。
特に大学中退、最終学歴が高卒となると応募出来る求人が激減すると言っても良いでしょう。

「30代のフリーター歓迎!学歴不問です」

といった求人はあまり見たことがありません。

29歳と30歳は1歳しか違いませんが、とても大きな年齢の差になります。

就職活動中に30歳を迎えないように、就職活動にかかる期間も考慮する必要がありますね。

30代でも正社員就職は出来ますが、ノルマが厳しい営業職を始め、他の人が就職を希望しないために採用基準がゆるい仕事が中心となります。

40代になるとほぼ正社員就職は無理、といった状況になりますので早めに正社員になり、キャリアをスタートさせることがとても大切といえるのではないでしょうか。

⇒ フリーターに特化!就職成功率の高いオススメ就職支援サイト




キーワード