就職活動の疑問
20代後半 フリーター正社員就職 > 早期離職 > 正社員3ヶ月 早期退職 フリーターから就職するには

正社員3ヶ月 早期退職 フリーターから就職するには


早期退職、フリーターから再就職

早期退職後、フリーターから就職するには

新卒で就職したもの・・・仕事が合わない、入社してみたらブラック企業だった、職場の人間関係が原因などで3ヶ月といった短期間で退職、改めて歳就職を探すという方も今はとても多いです。

退職してから自力で就職活動をしてみたものの、就職先が決まらず生活のために一旦フリーターになり、その後また再就職のために仕事探しをしている、という方も少なくないのではないでしょうか。

早期退職となれば、貯金もまだ新社会人、1年目としては出来ていないでしょうし、上京していたりすればひとり暮らし。
何もしていなくても家賃、食費、高熱費などお金がかかりますからね。

生活のためにお金が必要!
とりあえずアルバイトしなくちゃ・・・

という事になる方も多いのではないでしょうか。

新卒1年目、3ヶ月もたたない期間で早期退職、フリーターになってからの歳就職探しは新卒の時の就職活動と比べて、やはり大変苦労される方は多いようです。

新卒入社での会社選びの失敗を踏まえて、

次は就職先選びで失敗したくない

といった気持ちが強い方も多いと思いますし、就職活動に慎重になっている方もいるかもしれません。

早期退職後、一旦フリーターになった場合であっても就職先を見つけることは可能です。

しかし、その方法として選びたいのは「企業の詳しい情報を得る事が出来て、失敗しない就職活動が出来る方法」ですね。

第二新卒は転職しやすい?

入社1年目での早期退職後、第二新卒として転職活動をする事が出来ます。

第二新卒とは、新卒で就職後に1年~3年目で転職を希望する方を指します。
ビジネスマナーが身に付いており、まだまだ柔軟で吸収力がある若手人材として採用を積極的に考える企業は増えていますね。

第二新卒は採用の需要が高いです。

そのため第二新卒として転職活動をする事で、しっかりと自己アピールに成功し、スムーズに採用まで至る方も少なくありません。

とはいっても、第二新卒をの中途採用を積極的に行っている企業と、あまり積極的では無い企業と差がありますから、求人に「第二新卒歓迎」と書かれている求人を選んで応募をする事が大切となりますね。

採用ニーズは高いといえますが、3ヶ月といった早期退職の印象はやはり良いものでは無く、再就職先探しに苦労される方は多いと言えます。

第二新卒として、改めて自分に合った仕事、会社選びをするためには「情報収集」がとても大切です。

また自分の状況を的確に理解し、志望動機や自己PRを考えていく事も大切です。

そうしたアドバイスをもらえると、さらに就職成功率が高まりますね。

もし、フリーターになってから空白期間が長くなってしまっている方であっても再就職先を見つける事は可能です。

そのための方法として、第二新卒、フリーターの就職支援に多くの実績を持つ正社員就職支援サービスを利用する方法をオススメしています。

⇒ 第二新卒、フリーターの就職成功率が高いオススメ就職支援サイト

第二新卒、フリーターの就職支援に強いサイトを選ぶ理由

早期退職から再就職、フリーター期間があった場合には特にですが気をつけたいポイントがあります。

・次の就職先選びに失敗しないために、情報収集がとても重要である事
・ブランク期間(フリーター期間)が長いと評価が厳しくなる事
・3ヶ月など早期退職は評価が厳しくなる事
・収入面での焦りから、妥協して入社を決める可能性

といった点は、気をつけながら再就職先探しをする必要はあるのではないでしょうか。

第二新卒として転職活動は可能ですが、思った以上に厳しい評価を受けてしまい、

「早期退職、失敗したかも・・・」

と後悔されている方もいるかもしれません。

しかし時間を戻すことは出来ませんし、もっと良い会社を選ぶチャンス、と前向きに捉えて頑張って行くしかありませんから、しっかりと企業の情報収集をしてより自分にあった再就職先を見つけて行きましょう。

この時にぜひ活用をオススメしたいのがフリーター、第二新卒・早期離職者の再就職に強い就職支援サービスです。

こちらでご紹介している就職支援サイトで紹介される正社員求人は未経験OK、第二新卒を歓迎している正社員求人です。

未経験、経験が浅い求職者である事を前提としていますので、一般的な就職活動(求人サイトを利用して応募など)よりも書類選考も通りやすいですし、エージェントから企業の情報をもらえますから面接対策もしやすいメリットがあります。

第二新卒を歓迎している企業を選んで求人へ応募する事が出来れば、採用される可能性は高いですよね。

その際に重要なのは、

早期退職をした理由

フリーターになった理由と期間

の説明です。

こうした面接での質問に対しても、就職エージェントからアドバイスをもらえるのは強みですね。

一人で悩まなくて良いのはとても大きなメリットといって良いでしょう。

第二新卒、短期離職者への厳しい評価

第二新卒は確かに教育コストが低く済むために、企業からの需要も高くそのポジティブを理解して転職活動が出来れば、とても転職しやすいといえます。

しかし第二新卒とはいえ、3ヶ月など早期離職者にはやはり厳しい評価がされることが多いです。

「採用しても長く続かないのでは?」

「すぐに辞めると決めるようでは、忍耐力が無いのでは」

「人間関係が退職原因だとすれば、本人のコミュニケーション能力に問題があるのかも」

など、基本的にはネガティブな評価を受けている事が多く、それをひっくり返してポジティブに考えてもらえるように書類の準備や面接対策をする事が必要です。

特に経歴を気にするような上場企業、人気企業への求人へ応募する際には、しっかりとした準備が必要になりますね。

一人で就職活動をしていると、企業側が知りたい退職理由の説明などが不足してしまう事があります。

退職理由はあまり触れて欲しくないものですし、説明もしにくい場合もあると思います。

志望動機に関しても、本人的にはかなりアピール出来ているつもりでも、面接官からすると、そうでも無いと言ったことも多いです。

そこには「客観的な視点」が必要です。

フリーター就職や第二新卒の転職に特化した支援サービスを利用した場合、経験豊富なエージェントが担当に付きアドバイスをしてくれます。

自分では気がつかない事、実は間違っている事(不採用に繋がってしまうポイント)などを指摘してもらえる場合も少なくありません。

アドバイスを上手く活用する事で、早期離職後フリーターになっていたとしても内定率を高める事が出来ます。

これから再就職先探しをされる方も、既に第二新卒として転職活動をスタートしたものの苦労されている方も。

⇒ 第二新卒、フリーターの就職成功率が高いオススメ就職支援サイト

を活用して、より自分にあった仕事、会社探しをされてみてはいかがでしょうか。

一人で仕事探しをするよりも、効率良く情報収集をする事が出来るはずです。




キーワード