20代後半 既卒フリーター就職するには
20代後半 フリーター正社員就職 > 既卒フリーター就職 > 20代後半 既卒フリーター、就職は難しい?

20代後半 既卒フリーター、就職は難しい?


20代後半 既卒 就職

20代後半 既卒フリーターの就職

20代後半、既卒でフリーター

正社員就職しなければ・・・と思いつつ、時間が経ってしまって・・・という方も多いのではないでしょうか。

新卒で正社員として就職する、というルートに乗れなかった既卒の方は、その後の就職活動ではとても苦労する方が多いです。

既卒3年以内は新卒扱い、とはいってもそこで大手企業などに就職が決まる人は少数派です。

正社員就職の経験が無いまま、フリーターとして20代後半に突入してしまった・・・という場合、就職活動はさらに厳しくなってしまいます。

しかし、そうした状況からであっても正社員就職するための方法は幾つかあります。

その中でも最も就職成功率が高いといえるのが、既卒者の就職支援も得意とする20代向け正社員就職支援サービスです。

就職エージェントとして、20代の既卒・フリーター・大学中退の方に特化して就職支援を行っているところも増えてきました。

職歴なし・社会人未経験、20代後半既卒フリーターから正社員就職を目指す方法として、ぜひ活用してみてください。

無料で就職相談から始める事が出来ますし、良いと思える仕事、求人の紹介で無ければ改めて違う求人を探してもらう事も可能です。

応募書類の添削、未経験者歓迎の正社員求人の紹介、面接対策など利用するメリットは多いです。

既卒者の就職活動に、既卒専門の就職エージェントの活用を

20代後半の既卒者・フリーターの方が本気で正社員就職を目指したい場合には、やはり専門的に就職成功のためのノウハウ・実績を持つ就職エージェントの活用が欠かせません。

20代後半、26歳、27歳、28歳、29歳ともなれば、就職活動にそこまで時間をかけられない・・・焦りのある方も多いのではないでしょうか。

既卒向け就職エージェントには、

20代の職歴なし・未経験者を正社員として採用したいと考える企業

が集まっています。

これは本当に大きなポイントといえます。

そのため、新卒向け、キャリア転職向けの求人サイトなどを利用して応募、就活を行うよりも高い内定率となっています。

20代後半、男性の既卒フリーターの方も多いと思いますが、女性で既卒・フリーターとなっている方もいるでしょう。

正社員就職を目指すにあたっては、職歴なし・未経験者を採用して教育、通用する人材に育てようと考えている企業へ応募をする事が「内定獲得への近道」と言えます。

⇒ フリーターに特化!就職成功率の高いオススメ就職支援サイト

繰り返しとなりますが、既卒・フリーターの就職支援を利用する最大のメリットは、

既卒・フリーターを歓迎する企業が集まっていること

です。

ぜひ、活用してみてはいかがでしょうか。

アルバイトは辞めて就職活動に専念した方が就職先は決まりやすい?

アルバイトを辞めて就活に専念した方が良いのかな?と考えているフリーターの方もいるのではと思います。

確かにアルバイトを辞めた方が就職活動にとれる時間も増えますが、収入が途絶えるのも困ります。

就職先が上手く決まらないと、お金が減る恐怖から「どこでも良いから就職しないと・・・」となってしまったり、再びフリーター生活に戻る可能性もあります。

アルバイトと就職活動を同時進める事は十分可能です。
シフト調整も大抵のアルバイト先では考慮してくれるでしょう。

就活を妨害されるようであれば、それこそ違うアルバイト先を探しましょう。

アルバイトも今は人手不足です。
正社員就職を優先するために、シフト調整がしやすい働き方をする事も大切です。

既卒、フリーターでも内定率の高い就職活動

空白期間(アルバイト期間)が長くなってしまった20代後半の方の就職活動ですが、一般的と考えられる就職活動の仕方では、なかなか内定獲得できる方は少ないと言えます。

就職活動をしているけれど、書類選考でいつも落ちる、面接に辿りつけない・・・と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

実際、半年や1年など就職活動をしてみたものの、内定が一つももらえなくてという方も。

ある程度、厳しい就職活動になると考えて就活をスタートしていたとしても、実際に不採用が続くと気持ちもヘコんでしまうものです。。

20代後半、30歳を気にし始めると焦ってしまい、つい希望しない就職先を考えてしまう事もあるかもしれません。

しかし、妥協し過ぎて内定がもらいやすそうな仕事を選んでしまうと、就職してから「やっぱりこの仕事じゃない、辞めたい・・・」となる可能性が高いです。

職歴なし、社会人未経験からやっと就職したのに短期間で退職、となると再就職先探しはさらに難しくなります。

それこそ、30代フリーター、就職できない人となってしまう可能性もあります。

30代でフリーターは、本当に厳しいですから避けたいとお考えの方は多いのではないでしょうか。

だからこそ、20代の間に正社員就職を決めたい、と思っているはずです。

自力で就職活動することにこだわる必要は無いと思います。

少しでも内定率の高い就職活動をするために、既卒を専門とする就職エージェントの活用がオススメです。

⇒ フリーターに特化!就職成功率の高いオススメ就職支援サイト




キーワード